$Id: negishi2.html,v 1.1 1998/06/28 11:07:25 uhyo Exp $

ディーラでの大商談その2(1998年6月28日)

ごめんなさい.写真lessです.また忘れました.

今回はとさか氏 といっしょにコルサ君で根岸店に向かう.

外でぴえとろ君を眺める.前回見落とした場所,特に座席の配置,後部座席の 状態などを調べていると,セールスの三村さんが来る.エンジンを開けて内部 を見る.ハイドロクーラ(ラジエータ)が,エンジンにオフセットする形で取り 付けられているのね.まぁ,水の冷却が主たる仕事なので,これはよい配置だ と思います.ストラットの部分に補強板がついていました.ストラットタワー バーほどではないのですが,前の剛性が強いのはこれがついているからだと思 います.

「中でゆっくりしてください」との事なので,中に入ってお話をいろいろ伺う. まずは,納車時期の話.30台のqueueがたまり次第生産に入るので,あるが, もし,いつまでたっても30台のqueueがたまらない場合でも,11月をdeadline として生産に入るので,11月納期は本当のdead-lineだと思ってくれればよい との事でした.NiftyのFCarフォーラムでインプレッサからのりか えた人の話をしたら,多分その人も僕と同じqueueになるのでは? という話で した.

次の話は具体的な「慣らし」をメカニックから見た立場で伺いました.三村さ んは,販売の前は整備をしていて,専属メカニックだったそうです (あまり詳しくは伺っていないのですが…).まず,エンジンの慣らし(「当た り」)は1000Kmぐらいで良いとの事.大体,工場でかなりのランニングをして いるので,初期段階「当たり」はついているとの事.それよりもギアの当たり をつけるのが,もっと大変とのことでした.実際にはギアは10000Kmぐらいで ちょうどフリンクションロスもなくなり,最適な状態になるとのことでした. まぁ,1000Kmぐらい走った時点で,エンジンオイル,エレメント,ギアオイル, デフオイルを交換して,あとは,通常の交換で大丈夫だと申しておりました. エンジンオイルについては,3000Kmぐらいで交換して,3回に一度ぐらいの割 合で,エレメントの交換をすればよいとのことでした.ターボのアフターアイ ドルですが,これは,それほど神経質になる必要は全くなくて,長くても30秒 ぐらいで大丈夫だそうです.冷却系をかなり余裕をもって造っているはずなの で,あまりにギンギンに回してなければ30秒もアイドルしていれば,全く問題 ないとのことでした.

「今日みたいな暑い日は冷房がないので,大変だと思いますけど,まだ若い ですし,楽しい車だと思えばよいですよね」と(笑).