$Id: photo1016.html,v 1.1 2002/05/05 02:50:02 uhyo Exp $

ぴえとろ君の写真集 その4

1998年10月16日

ちょっとだけ最適化されたので,その写真です. とはいっても,エンジンとかの最適化はしてません! できないし,恐いし,壊れると大変なので(^^).

1998年10月16日:初代ぴえとろ君

上のDINには, 左から大森の電子式油温計, 電子式ブーストメータ(連成計, 電子式油圧計です. 下には,なぜかナカミチの6連装CDがとりつけてあります(笑). これでラジカセを積む必要が無くなりました(笑). 取り付けはかなり苦労しました… もちろん自分で取り付けました(笑). 52mmΦの3連メータを1DIN取り付けますと, 下に1DINフルに余っているとはおもってはいけません. 0.95DINぐらい余っていました(笑).

Cuscoのオールアルミロールバーを取り付けました. このタワーバー手で力をいれるとしなります(笑). スチール製にすればよかったかもしれないです.

タワーバーのアップです. カウルブレースとボルト2本で共締めします.

カウルブレースの上に取り付ける形になります. 通常の車に取り付けてあるタワーバー以上の剛性アップになりますね. エアーフィルタの箱はアルミ製. マスタバックの横のブレーキリザーバタンク, その横は,パワーステアリングリザーバタンク. タワーバー付近の配線は,油圧計,油温計用です.

もう片方の接続部分.ヒューズボックスの下にぶら下がっている なにも接続されていないコネクタはエアコン用の配線です.

ブローオフ回りのソレノイド配線.

上の写真も利用して配管を眺めましょう.

ブローオフバルブ.プラスチック製かとおもったら,実はアルミ(鉄)製?.

このソレノイドは何? 片方はエアインテークに,もう片方は タービンアクチュエータに向かっている.

真横からのタワーバー.すき間が空いているけど,ネジはちゃんと 締めてあるから大丈夫なのかしら?

オイルゲージは, タービンからインタークーラのゴム配管の下のこんなところにある. オイルの量計るのも一苦労(笑). 目の前にブローオフ. 下の金からゴムチューブにつながっている配線は,そのまま タービンアクシュエータに向かっている.

楽しい配線(管)の山

ぶれまくり...悲しい.クラッチワイヤ.冷却関係.